ホーム > メールシーラー製品紹介

メールシーラー製品紹介

Postmate シリーズ (メールシーラー単体型)

Postmate 5M/Postmate 5MX(2016年夏より新モデル発売)

 

シンプルで洗練された卓上メールシーラー

ハイコストパフォーマンスを実現

コンパクトなボディでも時間あたり最大4,250枚の高速処理を実現し、毎月の合計処理枚数が2~300枚程度のニーズから1回の処理が5,000枚程度までの幅広いニーズに対応した普及モデル。また、日々に数百枚を処理し、毎月の合計が10,000枚を超える場合などにも対応した高耐久性も実現。

日常の業務では紙折り機としても使用可能

圧着処理を行わない日常の業務では、紙折り機※1として使用可能。A4サイズ用紙であれば、外三つ折り、内三つ折り、二つ折り、四つ折りと折り種類も豊富です。
※1 紙折り機として使用する場合は、厚手コピー用紙を推奨しています。



1) 競合他社を圧倒する低価格メールシーラー
従来の圧着ハガキを作成可能な他社機では、安価でも100万円を超え、月300枚程度の小ロットの需要ではなかなか投資対効果を出すことが出来ません。しかし、Postmate 5では徹底した低価格により、今までにない小ロットユーザーの需要を開拓できるようになりました。また、Postmate 5はこの価格で処理速度4,250枚/時間を達成しており、月1,000枚以上を使用しているユーザにおける他社機の入れ替え需要にも最適なメールシーラーといえるでしょう。

2) 簡単操作
機能がシンプルであることもあり、操作がとても簡単です。また、商品の基本コンセプトがオフィスニーズを意識していることからJAM用紙の除去などが簡単に出来き、OA機器に慣れているユーザーにとってはとても使い易い製品になっています。また、手差し機能を標準装備しており、1枚づつ手挿入で圧着処理が可能となっています。

3) 多種類の用紙ザイズ並びに、4つの折り種類に対応
コンパクトなボディサイズでありながら、用紙幅 最大220mm、用紙長さ 最大420mmまでの幅広い用紙サイズに対応。折り種類においても、二つ折り、外三つ折り、内三つ折り、四つ折りと、紙折り機並みの折り種類をサポート。通常の紙折り機と違いプレス力が強いため、折り目がしっかりと折れ、きれいな仕上がりになります。

4) 専用圧着ハガキ用紙「 PostFit 」を用意
Postmate 5では、専用圧着ハガキのみ対応。通常の圧着ハガキではシビアな圧着力調整(Gap 値)を行い、圧着後に接着力が適正であるか確認する必要があります。この接着力確認では、高価な測定器を導入するか、作業者の熟練された感覚で行うかの選択になりますが、一般企業内で使用する場合には両方ともに対応が困難です。接着力の調整を誤ると、接着力が弱くて郵送中に剥がれたり、接着力が強すぎてめくる時に破れてしまったり、という事故に繋がりかねません。
そこでシビアな接着力調整は不要で、しかも、安心して簡単にご使用頂ける専用圧着ハガキ「 PostFit 」をご用意することで、面倒な調整・確認作業は不要で手軽に扱え、どなたでも簡単にご使用頂くことができるようになりました。

5) 2016年夏、Postmate 5はモデルチェンジし新機種が発売されました
■Postmate 5M
Postmate 5の後継機種で、用紙のセット位置を手前に寄せることで圧着封筒の3辺綴じができるようになりました。これにより、圧着処理後に源泉徴収明細などを封入することが可能になりました。

■Postmate 5MX
上記5Mの3辺綴じ機能に加え、用紙の圧力調整(プレス圧調整)がお客様で簡単にできるようになりました。複数種類の圧着紙をご使用される場合に、それぞれの用紙に最適な圧力をかけられるようになりました。



Postmate 5 動画

※この動画に音声は入っていません


Postmate 5M/5MX 仕様

用紙サイズA5、B5、A4、Letter、Legal(option)
給紙容量(60g/㎡)最大150枚
処理速度最大4,250枚/時
折り位置設定手動式
用紙坪量70g/㎡ 〜 143g/㎡
折り種類Z、C、V、Double、Window
圧着種類封筒、はがき圧着 ※弊社専用紙を推奨
主な機能手差し圧着、一辺開封圧着(3辺綴じ)、圧着力調整※Postmate 5MXのみ
排出容量(60g/㎡)最大200枚
カウンタージョブカウンター
寸法W440 × D410 × H260mm
重量約50kg
使用電源100V 50Hz/60Hz(50Hzと60Hzは別モデル)
消費電力330W
オプション防音カバー

ファイルイメージ

Postmate5M/5MXカタログ

※商品に関してのお問い合わせはこちらへ


 


Postmate 6


高速で耐久性に優れたハイエンド卓上メールシーラー

高速処理・高耐久、さらには豊富な機能で処理作業の高効率化を実現

最大1,400枚の積載が可能な大容量フィーダーを標準装備。時間あたり最大7,800枚の高速処理を実現し、1回あたりの処理が5,000枚以上、更には高耐久を要求される毎月50,000枚超までのお客様に最適なハイエンドモデル。また、処理枚数や処理時間の間隔をプログラミングできるオートスタート機能などの便利な機能を標準装備。

用途に合わせた2種類の排紙オプションを準備

大容量の給紙に対応するために一度に大量の用紙を積載できる2種類のスタッカーをオプションで準備。これで用紙の補給と取り除く作業の負担を大幅に軽減しました。



1) デスクトップ型最強メールシーラー
コンパクトなボディでありながら、最速7,800枚/時間を実現。更に他社製と比較してもコストパフォーマンス抜群の高速メールシーラー。オプションのスライドコンベアスタッカーを装着すれば一度に大量の処理を可能とする業務用向けとしても本領発揮。※用紙種類によって最適な速度が異なる場合があります。

2) 簡単操作
オフィスユーズでも使用可能な簡単操作。JAM用紙の除去などが簡単に出来き、OA機器に慣れているユーザーにとってはとても使い易い製品になっています。

3) 多種類の用紙サイズ並びに、5つの折り種類に対応
コンパクトなボディサイズでありながら、用紙幅 最大257mm、用紙長さ 最大530mmまでの幅広い用紙サイズに対応。折り種類においても、二つ折り、外三つ折り、内三つ折り、四つ折り、観音折りと紙折り機並みの折り種類をサポート。通常の紙折り機と違いプレス力が強いため、折り目がしっかりと折れ、きれいな仕上がりになります。

4) 高機能
リセットカウンタ、トータルカウンタ、バッチカウンタと多種類のカウンタ機能を備え、更には、ジョブセパレーション機能も備え自動運転が可能。ジョブオフセット機能とは、100枚処理⇒10秒停止⇒100枚処理⇒10秒停止などのように処理する枚数とインターバル時間(停止時間)をメモリーすることにより作業の効率化が可能になる機能です。


Postmate 6 動画

※この動画に音声は入っていません
※オプションのバーティカルスタッカーを接続しています


※この動画は音声入りです
※オプションのスライドコンベアスタッカーを接続しています


Postmate 6 仕様

用紙サイズA5、B5、A4、B4、Letter、Legal
給紙容量(60g/㎡)最大1,400枚 ※プリンターと接続時はプリンター容量に依存
処理速度最大7,800枚/時(封筒時)、4,200枚/時(はがき時) ※速度は4段階に設定可能
折り位置設定手動式
用紙坪量60g/㎡ 〜 120g/㎡
折り種類Z、C、V、Double、Window
圧着種類封筒、はがき圧着
手差し給紙1枚毎に処理可能
給紙部分離用ファン付摩擦逆転ローラー(FRR)
カウンターバッチ、ジョブ、トータルカウンタ
重送検知自動停止
排出容量(60g/㎡)最大350枚(標準)
スライドコンベアスタッカー 650枚(オプション)
バーティカルスタッカー 600枚(オプション)
インタフェーススタンドアローン/プリンター接続 (切換可)
寸法W600 × D415 × H385mm
重量90kg
使用電源100V 50Hz/60Hz

ファイルイメージ

Postmate6カタログ


※商品に関してのお問い合わせはこちらへ


 


Mailfinisherシリーズ (プリンター接続型)

Mailfinisher 4350


印刷~紙折り~圧着が連動したフルオートメーションの卓上メールシーラー

秘匿性が高く、より効率的で安定した運用環境を実現

通常の操作はプリンターへの用紙の補給と圧着処理された用紙を取り除くのみ。メールシーラーの操作は一切不要のため、だれでも安心してご使用いただける安定した運用環境をご提供。 さらに、時間あたり最大3,600枚の高速処理を実現し、大量一括処理のお客様から日々数百枚を処理するお客様まで幅広いお客様に最適なモデルです。

運用環境に合わせた拡張オプションを準備 (大容量連続給紙)

プリンターのオプション給紙カセットとメールシーラーの拡張オプションを増設することで大量給紙環境を構築可能。



1) 日本市場初のインラインメールシーラー
最終完成物(圧着封筒)の作成までを完全自動化。オフィス向けレーザープリンターとメールシーラーが一体化した、日本初のインラインメールシーラー。完全自動化により、更なる業務の効率化を目指すと同時に、人の目に触れることなく封かんされるため秘匿性の高い書類の発行に最適です。現行では、日本ヒューレット・パッカード社製 Laser Jet4000シリーズなどのインターフェースに対応しています。

2) 簡単操作
MF4350 は、Postmate 5をベースに開発されたモデルのため、基本的な操作性はPostmate 5同様にユーザフレンドリーな設計。更に、Mailfinisher 4350ではプリンターからの設定外の用紙の進入や重送などを自動検出し、搬送ユニットに実装したエスケープトレイに自動排出します。

3) 拡張性
MF4350 は、プリンターの構成(増設給紙トレイなど)に応じて、拡張できるさまざまなオプションを準備。このオプション機器により、あらゆるプリンターの構成に柔軟に対応でき、最適なメールシーリングシステムの構築が可能になります。

4) 汎用性
Mailfinisher 4350の姉妹モデルであるMailfinisher 4000は、HP社以外のプリンターとの接続を可能とした擬似インラインモデル。Mailfinisher 4350と違い、電気的インターフェース(プリンターとの通信)は取らず、プリンターとのメカインターフェース のみの接続により擬似インラインを実現。これにより、あらゆるプリンターとの擬似インラインが可能となります。※検証・確認作業等が必要です


Mailfinisher 4350 動画

※この動画に音声は入っていません


Mailfinisher 4350 仕様

用紙サイズA4、Letter、Legal(option)
給紙容量 (60g/㎡)プリンターカセット容量による
処理速度最大3,600枚/時(プリンタ印刷速度に依存)
折り位置設定手動式
用紙坪量60g/㎡ 〜 120g/㎡
搬送パスプリンター背面/側面の水平排紙口より
折り種類Z、C、V、Double
圧着種類封筒、はがき圧着 ※弊社専用紙を推奨
カウンタージョブ、トータルカウンタ
重送検知自動排出
排出容量(60g/㎡)最大200枚(標準)、350枚/700枚(オプション)
インタフェースHP JET LINK I/F (HP社製プリンタのみ)
寸法W580 × D400 × H380mm
重量57kg (プリンタ除く)
使用電源100V 50Hz/60Hz (50Hzと60Hzは別モデル)

ファイルイメージ

Mailfinisherカタログ


※商品に関してのお問い合わせはこちらへ


 

シュレッダー(メールシーラー関連商品)

シュレッダー KS-1275-0105

 


超微細カット オフィスシュレッダー【KS-1275-0105】

おどろくほど細かい「超微細カット」

シュレッダーKS-1275-0105は、超微細カット"1mm×5mm"の裁断サイズです。これまで細かいとされていたシュレッダーの裁断サイズは"2mm×15mm"ほどで、なんと6分の1の大きさにカットします。復元不可能な細かいサイズに裁断して個人情報漏洩を防止する最高のツール、超微細カットシュレッダー KS-1275-0105をご提案します。
 

個人情報書類の処分には復元できないことが大切

ご存じの通り2016年1月からのマイナンバー法の全面施行により、すべての企業は、官公庁や自治体に提出する書面にマイナンバーの記載が義務付けられ、マイナンバーを管理する仕組みづくり(業務プロセスや情報システムの改修など)と安全管理措置が必要となります。
安全管理措置に関しては、内閣府(特定個人情報保護委員会)が公表しているガイドライン「特定個人情報に関する安全管理措置」に記され、すべての企業はこのガイドラインを基に、マイナンバーの漏えい、滅失、毀損などの事故の発生やマイナンバーが不適切に使用されないよう、万全の管理を期さなくてはなりません。その中でも、物理的安全管理措置として、特定個人情報(マイナンバー等)が記載された書類は不要になったら【速やかに復元不可能な廃棄処理】が義務化されました。

セキュリティレベル最高水準の【レベル7】を実現

安全管理措置ガイドラインの廃棄に関する項目では「個人番号をできるだけ速やかに復元できない手段で削除又は廃棄すること(特定個人情報等が記載された書類等を廃棄する場合、焼却又は溶解等の復元不可能な手段を採用する。)」と明記され、具体的には「マイナンバーガイドラインのかんどころ」(特定個人情報保護委員会が公表)の中に、マイナンバー(特定個人情報等)が記載された紙媒体は「復元不可能な程度に細断可能なシュレッダーなどで廃棄しましょう。」と記されております。

しかし、従来のシュレッダー細断サイズでは、最新の復元技術により情報を簡単に復元できてしまう可能性があります。そこで、マイナンバーが記載された書類の復元不可能な程度の細断が可能なシュレッダーとして、アメリカの国家安全保障局が機密文書を裁断する際の細断サイズの基準としている業界最高水準の「レベル7」(DIN66399)の性能をもつ、超微細な細断が可能なシュレッダーが最適とされております。

 


モデル番号KS-1275-0105
細断方式クロスカット
投入口寸法275mm
裁断寸法約1×5mm
最大細断枚数(50Hz/60Hz)8枚 / 8枚
細断速度(50Hz/60Hz)約 5.9 / 6.8 m/分
細断くず箱容量約 70㍑
定格電源AC100V 50Hz/60Hz     
定格消費電力約 820W
定格時間約 30分
本体寸法470x475x870mm
本体重量約 67㎏
細断ジャム抑止機能グラデーションLED
細断媒体(クリップ・ステープラー針など不可)